大型スーパーは楽しい♪フランスパリ&郊外+流しそうめんレジ

写真は、Centre Commercial Italie 2のCarrefourの、スキンケア・ヘアケア関連コーナー。
木の棚や白熱灯色のライトを使った、あたたかみのあるナチュラルな雰囲気で、石鹸やらクリームやらがいっぱい。スーパーっぽくなくて、妙に落ち着く売り場です。

日本と同じくフランスでも、スーパーは店によって値段の差があります。
CARREFOURのような郊外型の大きなhypermarchés(イペrマrシェ, イペルマルシェ=ハイパーマーケット)は、パリ市内のSupermarchéや小さなsupéretteと比べものにならないほど広大で品揃えが豊富で、かなり低価格。休日に車でまとめ買いに行く人もいます。

大型店には、メジャーな雑誌・マンガ・本、CD・DVD、電化製品、衣類、DIY用品、キッチン用品、文房具、おもちゃ、ワインを始めとするお酒、食料品などがワンフロアに並んでいることが多いので、入口から出口まで見ながら通っていくと、あっというまに何時間も経っていたりします。
テナントがずらりと並ぶ巨大ショッピングセンターの中に、巨大スーパーが入っていることもよくあります。
そういうところの駐車場は混むことがありますが、スーパーの店内が混み混みという経験はありません。雑貨や服を見たり、食料品をスーパーで買ったりして、ショッピングセンター内で丸一日過ごすこともできます。

便利なだけじゃなく楽しいので、パリに住んでいる人にも、旅行で来る人にもおすすめです
スーパーのオリジナルブランドも、安いだけでなく、品質やデザインがいいものがあったりするので侮れません。

フランスの流しそうめん式レジ

スーパーの会計時は、商品をお客さんが自分で買い物かごから出して、ベルトコンベアに置きます。
順番が来て、(椅子に座って仕事していることも多い)レジ係と、”Bonjour! (夕方以降はBonsoir!)”と挨拶をかわした後、また一仕事です。
川上に置いた商品のバーコードをレジ係が読み取って、容赦なくベルトコンベアの川下側に流してくるので、それをせっせと袋に詰め、金額を言われたら支払いをします。
詰めるのが遅いと、どんどん流れてくる次の客の商品と自分の買ったものが川下の狭いスペースで混ざり始めるので、スピード勝負。レジが込む時間帯に大量に買物をしようものなら、ハードな一人運動会状態になります:D
(IKEAはフランスでも日本でもこの流しそうめんレジですが、カートにとりあえず放り込んで、別テーブルでゆっくり詰めることができるので、フランスのスーパーよりずっと楽です。)

地元客を観察すると、袋詰めが速い理由が分かります。商品の向きや順序、濡れているか乾いているかやジャンルなどを気にせず、雑にポンポンとエコバッグに投げ込むという、ざっくり方式だからです。
レジの人が、汁が漏れかねないものは小さな透明ビニール袋に入れてセロテープで口を閉じ、きれいに袋詰めして保冷剤までつけてくれて、重いものを買うと袋を二重にしてくれる、至れり尽くせりなガーデン自由が丘のような日本の店との差は甚大です。

最初の頃は、フランスのスーパーで大量の商品をビニール(薄くて破れやすい)に詰めまくって店を出たところで、袋が破けて道路に商品をぶちまけて、通りすがりの人がレジで袋を取って来てくれたおかげでどうにか助かった…なんて経験もしましたが、
私もマイバッグにガンガン放り込む地元方式を採用するようになってからは、詰めこむのが早くなり、流しそうめんレジ競技を楽しめるようになりました。
買いだめする時は、大きめで破れない強力なエコバッグを持参するのがポイントです。商品が少なくて軽い時は薄手のビニールでもいいですが、パッケージの角で裂け目ができるとそこから一気に破けて中身が飛び散るので:D

パリ市内・近くの大きめスーパー

パリのスーパー

パリ市内では、13区Place d’ItalieのCarrefour Centre Commercial Italie 2と、
16区(パリ西部)にあるCarrefour Auteuilが比較的大きめです。

C.C. Italie 2
Auteuil
SC.C. Italie 2

13区のLa place d’Italie近くにあるC.C. Italie 2は、服、靴、ジュエリー、メガネ、化粧品、雑貨、家電、携帯、食品、おもちゃを扱うお店や、ホームセンター、旅行代理店、ミスターミニット、FNAC(本・DVD他)、不動産屋、美容室など、数多くのテナントが入っている、大きなショッピングセンターです。

C.C. Italie 2

↑ 建物の幾何学模様が気になって撮った写真を後で見たら、不思議なポーズをする少年が写っていました。筋トレ中?:D

パリ市内と付近によくあるスーパー

CARREFOUR

日本にも上陸し(撤退し)たカルフール。夜遅くまでやっている店もあり、助かります。
Carrefour Market, Carrefour City, Carrefour Contact, Carrefour Express, Carrefour Bioなど、ブランドが細分化されていて、フランスのあらゆる町で見かけます。
8 à HuitやProxiも、Carrefour系列なんですね。
郊外型の巨大Carrefourの品数は圧巻。値段もかなり安く、巨大なショッピングカートをいっぱいにして1万円以内でおさまることすらあります。

CARREFOUR

MONOPRIX

あちこちに店舗があり、オリジナル商品(食料品の"BIO"シリーズなども)の開発にも力を入れているモノプリ。
一見高級感がありスーパーっぽくないサン・ジェルマン・デ・プレ店やシャンゼリゼ店は、化粧品、服、文具などいろいろなものが揃い、旅行客もたくさんいます。日本のスーパーに近い感覚です。

MONOPRIX

FRANPRIX

りんごのロゴがかわいいフランプリ。あちこちで見かけます。食品・日用品がメインで、場所によっては化粧品なども。

FRANPRIX

LEADER PRICE

パリ中心部には店舗が少なめですが、ヨーロッパ各国で展開されている、オリジナル商品メインのスーパー。食料品、日用品がメインで、質はものによりますが、安いです。
キャッチコピーは”LA GRANDE MARQUE EUROPEENNE”。

LEADER PRICE

AUCHAN

”LA VIE. LA VRAIE. AUCHAN”というCMがラジオでよく流れているオーシャン。aux Champs(シャンゼリゼ通りで)と発音が同じでちょっと紛らわしいです:D
比較的大きめで、品数もそこそこ豊富。ネット注文宅配サービスを昔からやっています。

AUCHAN

スーパー Auchan

こちらは、パリ郊外のAuchan(オーシャン)。パリ中心Châtelet-les-HallesからRER Aで15分+徒歩5分ほどです。
そこそこ大きいスーパーですが、郊外にしては小さい方です。
車止めがショップとおそろいの赤白に塗りわけられています。芸が細かい。

乗り物

ちょっとグロテスクな子供用の乗り物。真ん中のお魚の顔を見ているとなんだか笑えてきます:D

Auchan

大きく長い棚にびっしり並ぶシャンプー。いろんな人種・髪質・好みに合わせて、とにかく種類が豊富。ラベルを読むのも楽しくて、時間が経ってしまいます。

一緒に買い物に行くと、「フランスって自国製のものが一番高いんだ、おかしいよね」とフランス人がぼやいたりしますが、
確かに、食品売り場などでもスペインなどの近隣国からの輸入品の方が安いことが多くて、生産者がもめているのがよくニュースになっています。
服も、かなりの割合で、中国や東欧で生産されています。

スーパーでたくさん買った時は、配達を頼むこともできます。一定以上買うと送料を無料にしてくれるお店もあれば、どれだけ買っても有料というお店もあり、チェーン店でも店舗によって違ったりします。

スーパーの広告は、新聞をとっていなくても郵便受けに入ってきます。おいしそうな食料品や便利な生活用品がのっているカタログといった感じで、よくパンフレットのように数枚つづりになっていたりします。写真も結構きれいで、日本のチラシとはデザインがかなり違います(ガヤガヤギラギラした日本独特のチラシも、アジア!という感じがして面白いですが)。クリスマスなどのイベントがある季節は、特に凝っていて楽しいです。

関連記事

Articles liés

09/2011 01/10/2018

Message

  1. mina より:

    nozoさん、ブログに遊びにきてくださってありがとうございます。
    おすすめビストロ、もしまたパリに行くことがあったら教えていただきますよ~ 楽しみにとっておきます♪ Pas de souci ;)

    べべちゃん歩行やお話を始めて、幼稚園行くようになって…と忙しさが続くと思いますが、nozoさんならスイスイできそう。これからも楽しいこといっぱい学ばせてもらいますね♪

  2. nozmi より:

    minaさん、twitterのnozoです!
    以前からブログは読ませていただいていたのですが、
    久しぶりに遊びに来たら、ブログがお引越し。
    そして、フランスからお戻りになっていたんですね!

    あたし、minaさんに謝らなくてはいけません。
    パリのオススメビストロ情報をメールすると言っていたのに
    できなくて、本当に本当にゴメンなさい・・・。
    産休→出産→育児とあっと言う間に時間が過ぎていきました。
    本当にごめんなさい。

    フランス滞在記録、これからゆっくり読ませていただきますね。
    素敵な色がたくさん詰まった写真たちですね・・・ワクワクしてきます♪

Comment