パリ近郊シャマランド城*森が気持ちいいお気に入りの場所

Château de Chamarande シャマランド城

Île-de-France(イル=ド=フランス地域圏、パリ地方)Essonne(エソンヌ県)にあるDomaine de Chamarande(ドメーヌ・ドゥ・シャマランド)は、パリから南へ35kmくらいのところにあります。
友達に車で連れて行ってもらいましたが、電車+徒歩でも、パリ中心部から1時間ちょっとで行けます。
お城はほどよい大きさで、緑と水がたっぷりの庭(森)が最高です

足早に訪れると魅力がフルに味わえないかもしれませんが、有名観光地と違ってまだ人が少なめで、
晴れた日に一日ゆっくり過ごすと妙に幸せな気分になれる、内緒にしておきたくなるようなお気に入りの場所です。

お城というと、ヴェルサイユ宮殿のような天井が高くて広くて、随所にゴールドが使われた豪奢な建物を想像するかもしれませんが、
このお城は、もっと地に足がついた感じ。誰かの記念館や豪邸のイメージに近いかもしれません。 Centre d’art contemporain(現代アートセンター)としても使用されており、私たちが行った時も
Château de Chamarande シャマランド城(シャトー・ドゥ・シャマランド)とその庭をメインに、作品展示(無料)が行われていました。
コンテンポラリーアートといっても、とがっていなくて、ふわっとした感じ。現代美術館とは違ったフレンドリーな雰囲気の中、作品を楽しめました。

お城の後は、広い敷地を水辺に沿って散歩。
風で木が揺れてサワサワいう音、小鳥の声、キラキラ輝く水面、木もれ日、遠くにかすかに聞こえるカヌーで遊ぶ人たちの楽しそうな声、おとぎ話に出てきそうなかわいい木の橋…
穏やかで平和で、おとぎ話の中に入ったような、タイムスリップしたような気分になります。

入り口からお城へ

シャマランド

ふわふわの芝生と木々の中に、小さな建物が。木のドアもヴィンテージ感があっていい感じ。

シャマランド フランスの建物の木のドア

中に何か見えます。のぞいてみると…

現代アート展@フランス Chamarande

カラフルな旗がいっぱいの、かわいい作品!窓からふわぁっとやさしく午後の太陽光が入って、なんだかノスタルジックな気分になります。

小さな池、彫像@フランス シャマランド城

鏡みたいな小さな池の横を通って、シャマランド城の方へ。
水辺の木陰には、気持ちよさそうに寝ころぶ彫像。遠くの芝生の上には、くつろぐ人々が見えます。

青々とした芝生の向こうにシャマランド城

青々とした芝生の向こうに、シャマランド城が見えてきす。

シャマランド城

お城と庭の間には、石橋が。今は芝生だけど、昔はお城の防御のために、水をたたえたお堀だったんじゃないかな?

コンテンポラリーアート展@シャマランド城

一瞬、ハシゴ?工事中かな?と思いましたが、実はアート作品の一部。

オブジェ@シャマランド城

流しそうめんをしたくなるような、廃材をつないで水を流したオブジェも。

オブジェ@シャマランド城

お城から庭に長く続くホースの先端には、ロードコーンが。
かわいいお城に工事現場の要素を加えた、遊び心あるインスタレーションでした。

シャマランド城の外 シャマランド城

ゴールドとブルーグリーンのきれいな装飾も、格子窓、レンガもいい感じだなぁと言いつつ、コンテンポラリーアートセンターになっているお城の中に入ります。

シャマランド城の中

壁@シャマランド城

壁にかわいいお花の彫刻が。石がいかにも柔らかそうで、彫刻している場面が目に浮かびます。

Daniel Firmanさん作品 Butterfly

Daniel Firmanさんのインスタレーション、«Butterfly»。スクリーンに写った光がフワフワとさまざまに姿を変える作品は、心地よくてずっと眺めていたくなります。
手前に座っているのは見学者だと思っていたら、クマの敷物に座った人形でした。友達に言われてびっくり。作品はスクリーンだけじゃありませんでした。

ピエロのオブジェ@シャマランド城 フランス

廊下にはピエロのオブジェが。二人のなんともいえない表情&くたびれた感じの髪型と、レトロ感あるポップなファッションの対比が、笑えるような哀しいような。

ちゅるちゅる装飾の石階段@シャマランド城

松ぼっくりみたいなオブジェと、ちゅるちゅる装飾がついた手すりのある石階段を上ります。

窓の取手

一見、取っ手を半回転してロックを外す、フランスの普通の窓ですが…

よく見るとガラスが古い時代のものです。壁にもきれいな模様を描いています。

ガラスをよく見ると、歪みやヒビが入っていて、外の景色がところどころ歪んで見えます。古い時代に作られたガラスだそうです。
ヒビとやわらかい日差しが、壁に繊細な模様を描いて、なんだか懐かしい気分に。

シャマランド城 天井のシャンデリア

ツルのようにちゅるちゅるしたアンティークゴールドのシャンデリアと、ブルーグレーがぴったり。

シャマランド城 家具

味のある木、波のようなデザインがステキです。古い時代のものなんでしょうね。

シャマランド城 木のドア

大きな木目のナチュラルな木の扉と、取っ手の雰囲気がよく合っています。

シャマランド城の庭

シャマランドの水辺

外に出て歩いて行くと、川のような池のようなものが。遠くでボートで遊ぶ人たちのかすかな声が、小鳥の鳴き声や、さわさわ揺れる葉っぱの音にスパイスのように混ざって、心地いいサウンドができあがっています。

シャマランド城の森の水辺

木々と水面が暖かい太陽でキラキラ光る水辺へ。美しい風景、音、光、風、気温、すべてが完璧で、非現実的なまでに心地よく、ヨーロッパの中世の物語に入り込んだような感覚になります。

シャマランド城庭

流れに沿って歩いていきます。

シャマランド城庭のテーブル

ここで食事したらきもちいいだろうな♪

トラックが。

トラックが。

像が外を見ています。

彫刻が外を見ています。リンカーン像?

シャマランド城の森の中の橋

もこもこした木々の中に、きれいな橋が見えてきました。ワクワクしながら近づいていきます。

シャマランド城の森のきれいな橋

華奢なちゅるちゅるデザインの橋です。可愛い

シャマランド城の森

夜でも明るい夏のフランス。まだ4時くらいだと思っていて時計を見たら、もうクローズ時間の20時でした!

シャマランド城の庭、大きな木 シャマランド城と庭

20時過ぎ、夕暮れに包まれたお城。
白い十字は、オブジェかなベンチかな、と思いながら急ぎ足で出口にむかうと、係員のおじさんが乗り物で見回りにやってきて、「閉めちゃったから出られないよー」と言われました。
え、どうしよう。しょうがない、お城で寝ようか?なんて言っていたら、
おじさんの冗談でした。
なんだ、よかった。お城に泊まれなかったのは、ちょっと残念ですけどね:)

地図、行き方

Chateau de Chamarande:38 Rue du Commandant Maurice Arnoux, 91730 Chamarande, FRANCE

パリから電車で行く場合、RER CのSaint-Martin-d’Etampes行き(30分に1本くらい)に乗車。Gare de Chamarande(シャマランド駅)から約200m、徒歩数分。

Domaine de Chamarande
(↑新しくサイトができていました。)

関連記事

Articles liés

07/2012 21/10/2018

Message

Comment