女性の曲線が男性に麻薬の効果

Comme Violon d'Ingres

女性のくびれたウエスト&大きなヒップを見ると、男性の脳内で麻薬使用時と同じ部分が活性化される… というGeorgia Qwinnett Collegesの実験についての記事がありました。
LCI-TF1 記事

被験者は25歳前後の男性14人。まず女性の写真を見せ、次にそれに手を加えた写真を見せて、スキャンで脳の状態を比較するというのが実験内容です。
結果、女性の体重が変わらないようにウエストの肉をヒップに移動させてくびれを大きく修正した写真を見たせら、男性の脳が反応したんだそうです。

この実験で男性がポルノグラフィックな画像を好む理由が分かっただろう、と語るのは、同大学の認知発達の神経科学者Steven Platekさん。
科学者は、ヒップが大きくウエストがくびれている体系の女性は健康で、大病にかかりにくい子供を産めて生殖能力が高いと思われているためだと分析。

文化圏によって好みや注目点が違うでしょうが、セクシーだと思うボディを見ると脳が麻薬使用状態になるというのは全人類に当てはまりそうな気がしますね。動物もそうなのかな?

くびれでまっ先に思い浮かぶのは、 Man Ray – Le Violon d’Ingres (Ingre’s Violin)
マン・レイの『アングルのヴァイオリン』

その写真でマン・レイが意識しているアングルの浴女は、くびれ控えめ、脊椎多めですね:)

La Baigneuse dite Baigneuse de Valpinçon
La Baigneuse dite Baigneuse de Valpinçon
Jean-Auguste-Dominique Ingres
アングル『ヴァルパンソンの浴女』
Le Bain Turc, by Jean Auguste Dominique Ingres
Le Bain Turc
Jean-Auguste-Dominique Ingres
アングル『トルコ風呂』
Catégories: ニュース
Tags:
10/08/2017 27/02/2010

Message

Comment