さよならEric Rohmer

フランスのエリック・ロメール監督がなくなったそうです。20世紀中頃の映画が好きなので、寂しいです。

TELERAMAの追悼記事 : Rohmer, 89 printemps et tant de légérté

日常を切り取った彼のヌーヴェルヴァーグらしいフィルムを見ていると、
当時のごく普通のフランス人の生活を見ているような気分になります。
初期の白黒短編は、パリの昔の姿を見られるという点でも貴重です。
パリのシャトレにあるForum des Imagesは、貴重なフィルムがたくさんある大好きな施設ですが、
エリック・ロメール監督のマイナーな作品も多く収蔵されていて、見まくることができます。
そこで見た彼の白黒短編の中でとくに好きだったのはこの2つです。

100112アラン・レネ/ジャン=リュック・ゴダール 短編傑作選 シャルロットとジュール~男の子の名前はみんなパトリックっていうの CHARLOTTE ET VERONIQUE, OU TOUS LES GARCONS S’APPELLENT PATRICK (1959)
「アラン・レネ/ジャン=リュック・ゴダール 短編傑作選 DVD」に入っているようです。
LA BOULANGERE DE MONCEAU モンソーのパン屋の女の子(1963)
「エリック・ロメール コレクション DVD-BOX 1 DVD」に入っているようです。

長編では…

100112エリック・ロメール・コレクション DVD-BOX VI LES RENDEZ-VOUZ DE PARIS パリのランデブー
エリック・ロメール・コレクション DVD-BOX VI
100112エリック・ロメール・コレクション DVD-BOX 2モード家の一夜
エリック・ロメール・コレクション DVD-BOX II

この監督の作品は台詞が多いので、フランス語を勉強している人や、会話が多い映画が好きな人にもいいとと思います。

Catégories: 映画News/情報
Tags:
01/2010 10/08/2017

Message

Comment