パトリス・ルコント監督のレ・ブロンゼ3公開

Patrice Leconte監督の”LES BRONZES 3 – AMIS POUR LA VIE”が、2006年2月からフランスで公開されます。
Les bronzes 3: amis pour la vie

パトリス・ルコント監督といえば、しゃれたコメディや、狂気と紙一重の恋愛を描いた映画のイメージが強いですね。『髪結いの亭主』や『仕立て屋の恋』あたりが好きです。

彼の”LES BRONZES”レ・ブロンゼは、フランス人に人気がある映画シリーズですが、笑いのツボの違いのせいか、日本ではマイナーな方かなという気がします。
1作目はヴァカンス村、2作目スキー場で繰り広げられる群像コメディで、特にミシェル・ブラン演ずるさえない男が笑わせてくれます。
もっとさえない強烈キャラクターが登場する日本のコントに慣れている人が見たら、これくらいじゃ薄いと思うかもしれませんが。
27年程経って復活した『レ・ブロンゼ3』の舞台は、海辺の豪華リゾートホテル。またくだらなくておもしろそうです:D

この映画の公開初日の動員数は50万人以上。公開後の週末の休日5日間で320万人を記録したそうです。
これは、ちょっと前に大ヒットしたフランス映画”Asterix et Obelix : Mission Cleopatre”(ミッション・クレオパトラ)の290万人や、”Star Wars : Episode 3″、”Harry Potterハリー・ポッター炎のゴブレット” の280万人(フランスでの動員数)をも上回る好成績です。
しかも、映画公開前日にテレビ(TF1)で、25年ほど前に公開されたレ・ブロンゼ2作目(Les Bronzes font du ski)を放送したところ、視聴者数1200万人で、今年のNo.1視聴率を記録したとのこと。かなり幅広い人気のようですね。
フランスの大きな映画館では爆笑が起きてるんだろうなぁ。

Catégories: 映画News/情報
Tags:
02/2006 11/08/2017

Message

Comment