フランス人の体型、30年でどう変わった?ニュースメモ

ニュースのメモ。
2003/2004年に行われた、フランス人の平均体型調査の結果が公開されました。
発表場所がサロン・デュ・プレタポルテというのがちょっと面白いなと思ったら、既製服のサイズ設定が目的なんですね。コメントしているのも服飾業関係者中心です。
結論は「フランス人は30年で身長が伸び、太った。」先進国はどこも同じようなものなんでしょうか。
最新調査による現在のフランス人女性の平均は、162,5 cm、62,4 kg。
1970年には、160,5 cm、60,6 kg。
2cmで2kg増加…伸びた以上に、太ったわけですね。
男性平均は現在175,6 cm、77,4 kg。1970年には170,1 cm、72 kg。ウエスト89,4 cm。
女性と男性の腰周り平均はほぼ同じで、女性100,2cm、男性99,9cm。結構がっしりしています。
成人の26%が体重オーバー気味、肥満率は8,3%。
女性の3人に1人、男性の6人に1人が、自分にサイズが合う服を探すのに苦労しているんだそうです。
うーん。ファストフードが対策を練るのも分かる気がします。
今回の結果は、服のサイズだけではなく、公共の場やキッチンの流し台の高さなどにも反映される可能性もあります。そのうち公共の場所の椅子の高さが微妙に高くなったりするんでしょうか。

関連記事

Articles liés

02/2006 19/11/2017

Message

Comment