モスケ(モスク)のレストランでタジン鍋料理*フランス パリ5区

mosque' illumine'e

パリ5区、植物園の隣にあるMosquée モスケ(モスク)。夜はライトアップされていますが、部外者が寺院の中を見学できるのは夕方までで、夜は信者しか入れないようです。深夜営業のレストランは、部外者も利用できます。
フランスでもイスラム教の人たちは夜遅く出かける習慣があり、Place Monge(プラス・モンジュ)駅からここに向かう人の姿をしょっちゅう見かけます。

天井

この日は残念ながら雨でテラス席が閉まっていたので、モスケと同じく幾何学的文様いっぱいのエキゾチックな店内へ。照明が明るくて昼みたいです。

tagine タジン料理の鍋といえば、背の高いフタが特徴ですが、モスケではフタなし=タジンっぽさが半減した姿で運ばれてきました。
タジン鍋は、日常的に使われる鍋なんだそうで、普段使いしている人にとっては珍しくないし、テーブルでも邪魔になりかねないから、わざわざフタを持ってこないのかもしれませんね。

tagine tagine 2

全然おいしそうにみえない写真ですが、子羊とオリーヴ、レモンのタジンと、子羊とアーモンド、干しスモモのタジンを頼みました。卵も入って、かなりのボリューム。
お昼を食べてなかったから完食できるかも…と思いましたが、一緒に行ったAnneちゃんは、お腹があまり減っていなかったと言って、半分くらいで断念していました。
空腹で行くことをおすすめします。

モスケ パリ レストラン

異国情緒ただよう建物。昼だと壁の細かい模様がよく見えます。

モスケ パリ レストラン

pâtissier glacier の可愛いフォントと、チョコレートみたいな焦げ茶色がたまりません。夏にテラスでミントティとお菓子かアイスなんていうのもいいなぁ。

exterieur
16/10/2011 18/03/2018

Message

Comment