垂直庭園や建物も楽しめるパリのMusée du quai Branly

パリの美術館の収蔵品がすばらしいのは言うまでもないので、
建物、庭、眺めなど、展示品以外も好きな美術館について書きたいと思います。
今回は、Musée du quai Branly – Jacques Chirac(ミュゼ・デュ・ケ・ブランリー – ジャック・シラク)です。
お気に入り作品は、かわいくて面白いケ・ブランリー美術館の作品ページに載せています。

  • Musée du quai Branlyの植物の壁を下から見上げたところ
  • Musée du quai Branlyの外の植物の壁

Musée du quai Branlyの外にあるLe mur végétal(植物の壁)は、
垂直庭園の第一人者Patrick Blanc パトリック・ブランさんが手がけたもの。
この壁をリニューアルするプロジェクトが始動しているので、
数年後には違ったデザインになるのだと思います。
壁を下から見上げると(1枚目画像)、普通の庭を見ている気がしてくるほど
自然な感じで植物がホワホワと茂っていて、思わずさわりたくなります。
垂直庭園は今では増えましたが、できた当時、新鮮でした。
省スペースで緑を増やせるいいアイディアですね。

ケ・ブランリー美術館の透明の壁

美術館の出入り口の壁はガラス張り。
自然いっぱいの庭と、現代的な建物と、ドーンとそびえ立つエッフェル塔が、外からでもよく見えます。
なんだかガラスケースに入ったオブジェみたい。絶妙な建築です。

Musée du quai Branlyの透明な壁

壁の上部をよく見ると、色々な言語の文字が敷き詰められています。
「ダンス」「音楽」「演劇」「講演」という日本語も。

ケ・ブランリー美術館の庭

緑がたっぷりの庭は、Gilles Clément ジル・クレモンさんの設計。のびのびと生えている草木の間から、カラフルな建物が垣間見えます。
年齢に関係なく、緑の中でゆっくり過ごすのが好きな人が多いフランス。パリもそういう場所が街のあちこちにあるのが嬉しいところです。

ケ・ブランリー美術館の建築

ガラス張りの壁と、この直方体がリズミカルに並ぶ面白い建物は、Institut du monde arabe(アラブ世界研究所)や、アラブ首長国連邦(UAE)のルーヴル・アブダビ美術館も手がけたJean Nouvel ジャン・ヌーヴェルさんによる建築。
展示品(アフリカ、アジア、オセアニア、南北アメリカ)の雰囲気とぴったり合う色合いで、庭のグリーンにもよく映えています。

ケ・ブランリー美術館の窓から

美術館の大きな窓から外がきれいに見えます。

ケ・ブランリー美術館の行列

昼前に行ったので混んでいませんでしたが、見終わって午後外に出たら、長い行列ができていました。

Café Branly

美術館併設のカフェ。右奥の道路側にも席があり、エッフェル塔を眺めながらのんびりしたい人にぴったりです。
手前側の席は、緑がたっぷりで、美術館の屋根があるので雨が降ってきても大丈夫そう。

ここから徒歩3-40分で行けるロダン美術館も、展示品はもちろん、
庭と建物も良くて、のんびり過ごすのにおすすめです。

面白すぎるケ・ブランリー美術館の収蔵品ケ・ブランリー美術館の展示品

Musée du quai Branly

関連記事

Articles liés

11/2017 01/10/2018

Message

Comment