Egon Schiele エゴン・シーレ

Egon Schiele - Stehende Frau in Rot - 1913
Egon Schiele – Stehende Frau in Rot – 1913

今年はパリの本やさんで買ったGustav Klimtのカレンダーを使っています。
オーストリアの画家といえば、クリムトとも交流があったエゴン・シーレ(1890-1918)も大好き
独特の線、色、力の抜け具合がたまりません。ウィーンの美術館で二人の作品の実物を見てみたいなぁ。

Egon Schiele - Liegendes, halbbekleidetes Mädchen - 1911 - Wikimedia
Egon Schiele – Liegendes, halbbekleidetes Mädchen – 1911

シーレのざっくり描いたようにみえる人物画は、バランスが絶妙。
大胆で、アンニュイ感とエロスもたっぷりで、本当にかっこいいです。

Schiele - Sitzendes Mädchen - 1917
Schiele – Sitzendes Mädchen – 1917
透けるような女性の肌の白と、服の青がきれい。好きな絵です。

Schiele - Sitzendes Mädchen -1911
Schiele – Sitzendes Mädchen -1991
可愛い女の子の絵。色づかいもたまりません

Catégories: アート
Tags:
02/2012 16/08/2017

Message

Comment