癖が強いフランス語の数字を、聞いて覚える

音声再生ボタンを押すとフランス語発音が聞けます。IEなど一部ブラウザには非対応です。Chrome、Safari、Firefox、Opera、Edgeで、iPhoneの場合はマナーモードを解除してご利用ください♪
chiffres

日本で「フランス語の数」といえば、アン、ドゥ、トロワ、キャトル。ですが、カタカナ発音と、実際の発音は違うので、まずは聞いてみてください。
フランス語数字は難しい・ややこしいと言われますが、ルール通りなので、いったん覚えれば大丈夫です。

フランスは小切手(chèque シェーク)の使用率が高い国で、小切手には、金額の数字をフランス語で手書きします。今ではクレジットカード利用率が上がったため、だいぶ出番は減ったものの、覚えておいて損はありません。

ざっくり数字を聞いてエクササイズ

まず19までの数を聞いて、チェックしてみましょう。

  • 1〜10
  • 11〜19
Q1.J’aians. 私は 歳です。
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
Q2.Il aans. 彼は 歳です。
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19

耳だけで大丈夫そうなら、100までいきましょう。説明はチェック問題の後にあります。

  • 2021〜 29
  • 3031〜39
  • 4041〜49
  • 5051〜59
  • 6061〜69
  • 7071〜79
  • 8081〜89
  • 9091〜99
  • 100
Q3.Sa sœur aans. 彼(彼女)の妹は 歳です。
  • 21
  • 32
  • 43
  • 54
Q4.Mon grand-père a ans. 私の祖父は 歳です。
  • 65
  • 76
  • 87
  • 94
  • 101 … 108 … 211 … 500 … 600 … 700 … 800 … 999, 1.000
Q5.Ça fait euros. ユーロになります。
  • 175
  • 288
  • 397
  • 469
Q6.Elle est né en. 彼女は 年に生まれた。
  • 1896
  • 2020
  • 2270
  • 1998
Q7.Son frère a gagné yens. 彼(彼女)の兄は 円稼いだ。
  • 269186
  • 303897
  • 404678
  • 318790

1から10億までの数字 つづりと解説

1から20台までの数リスト

数字をクリック/タップすると発音が聞けます。

  • 1un/une
  • 2deux
  • 3trois
  • 4quatre
  • 5cinq
  • 6six
  • 7sept
  • 8huit
  • 9neuf
  • 10dix
  • 11onze
  • 12douze
  • 13treize
  • 14quatorze
  • 15quinze
  • 16seize
  • 17dix-sept
  • 18dix-huit
  • 19dix-neuf
  • 20vingt
  • 21vingt et un
  • 22vingt-deux
  • 23vingt-trois
  • 24vingt-quatre

99までの数は、接着剤でつなぐ

表を見ていただくと分かりますが、フランス語の1から99までの数は、間に接着剤をつけて、ひとかたまりにします。
ほとんどの数字は、ハイフン「(フランス語で tiret または trait d’union)」(ティレ、トレデュニオン)を間に入れてつなぎます。
21, 31, 41, 51, 61, 71は例外で、間に「et」を入れてくっつけます。この場合、etが、後ろのt /teと合体して、..te(..テ)と発音されます(ex.ヴァンテアン)

21や31のun/uneも名詞の性で変える

フランス語はすべての名詞が男性か女性か決められています。
1がつく数字は、数を単体で使う場合や男性名詞と使う場合はun、女性名詞と使うならuneにします。
Ex. vingt et un hommes(21人の男性), vingt et une femmes(21人の女性)

30-60台の数リスト

数字をクリック/タップすると発音が聞けます。

  • 31trente et un
  • 41quarante et un
  • 51cinquante et un
  • 61soixante et un
  • 32trente-deux
  • 43quarante-trois
  • 54cinquante-quatre
  • 65soixante-cinq

スイス式は簡単、フランス式はクセが強い70-90台の数

フランス語数字を複雑にしている、70, 80, 90台の数字です。

数字をクリック/タップすると発音が聞けます。

  • 70soixante-dix
  • 71soixante et onze
  • 72soixante-douze
  • 73soixante-treize
  • 74soixante-quatorze
  • 75soixante-quinze
  • 76soixante-seize
  • 77soixante-dix-sept
  • 78soixante-dix-huit
  • 79soixante-dix-neuf
  • 80quatre-vingts
  • 81quatre-vingt-un(e)
  • 82quatre-vingt-deux
  • 90quatre-vingt-dix
  • 91quatre-vingt-onze
  • 92quatre-vingt-douze

フランスでは、
70は「60 + 10」でsoixante-dix
80は「4 x 20」でquatre-vingts
90は「4 x 20 + 10」で quatre-vingt-dixという不思議な数え方をします。

・71は、60 + 11。(上述の21, 31, 41, 51, 61と同じように)間に「et」を挟んで、soixante et onzeとします。

・81 quatre-vingt-unと、91 quatre-vingt-onzeは、et ではなく「」でつなぎます。ただでさえ掛け算でつないで長いのに、さらにetを入れちゃったら4パートになって、さすがに長いですからね、よかった。

・80 quatre-vingtsは、(発音には関係ありませんが)最後に複数を表すsがつきます。
後ろに数が続く81,82,83…の時など、複数形にならない場合もあります(後述)。

別記事↓に書いたように、スイスフランス語では、70はseptante、80はhuitante、90はnonanteとシンプルなんですけどね。

100、1000など、大きい数リスト

最後に、100以上の桁が大きい数です。

数字をクリック/タップすると発音が聞けます。

  • 101cent un(e)
  • 102cent deux
  • 200deux cents
  • 201deux cent un(e)
  • 999neuf cent quatre-vingt-dix-neuf
  • 1000mille
  • 1001mille un(e)
  • 10000dix mille
  • 100.000cent mille
  • 1.000.000un million
  • 100.000.000cent millions
  • 1.000.000.000un milliard, mille millions
  • 1012un billion

・99までは、つなぎに「et」や「-」を入れていましたが、100以上の桁は入れません。「dix mille」のように、半角スペースでつなぎます。
100未満の数は、ボンドで固めてがっちりグループ化されているイメージです。

1001は、後ろに名詞がきて「1001個のxx」という場合、「mille et un(e) xx」とも言います。
『Les Mille et Une Nuits(アラビアンナイト)』もそうですね。

スペル:複数形のルール

最後に、スペルはどうでもいいという方には不要ですが、複数形についての説明です。 会話には全く必要ありません。フランス語のテストでは、出しやすそうですね。

* cent、million、million、milliardなどは、複数形に関するルールが同じです。ここではcent族と呼びます

cent族とvingtが複数形になる条件

80は、quatre-vingtsと、vingtの後に「s」がつきます。
「りんご4個」という時、名詞の後ろに複数形のsがつく (quatre pommes)ので、
80も、「vingtという物」が4個ある、と考えると、まぁ納得できます。
が、それは80ジャストの時。81(quatre-vingt-un)以降には、「s」がつきません。

Les Cinq Cents Millions De La Bégum

Les Cinq Cents Millions De La Bégum – Jules Verne 『インド王妃の遺産』(インド王妃の5億)

cent族にも、80と同じ癖があります。
1. cent族が、複数個ある(200 = 「100という物」が2個)のように、掛け算されている)
2. 整倍数である(キリがいい=下の桁に細かい数がない)
という二つの条件が揃っていたら、sをつけて複数形にします。

・複数形になる例:
cinq cents millionsquatre cents milliardssix cents euros(600ユーロ)
「cinq cents millions(5 x 100 x 1.000.000 = 5億)」は、centsとmillionsが複数形です。cinqはcent族じゃないので、単数形です。

・条件不足で複数形にならない例(アンダーバー _ は、「s」がないことを強調しています)
cinq cent_ quarante personnes(540人)、deux cent_ quatre-vingt-deux
cent族の後に、下の桁の数(上の例では、quaranteとquatre-vingt-deux)が続いていて、条件2に当てはまらないので、単数形になっています。

例外:条件を満たしていても複数形にならない場合

「..番目の」という意味合いを含んでいる場合は、上の条件1、2が揃っていても、単数形になります。

・La série six cent_ (la 600e série) :シリーズ600作目
・La page quatre-vingt_ (la 80e page) :80ページ
・L’article trois cent quatre-vingt_ (le 380e article) :第380条
・L’année mille huit cent_ (la 1800e année) :1800年

mille(1000)は、常に単数形

千(の)という意味の「mille」は、不変です。複数形の「s」がつきません。
cinq mille 自分に「s」がつかないだけでなく、掛け算してきた相手の「s」も、つきません。
neuf cent mille(milleの前では、centsにならない)

「海里、マイル」という意味の男性名詞としてのmilleは、スペルが同じ別物です。こちらはただの名詞なので、複数なら「s」をつけます。

03/02/2018 10/02/2021

Message

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください