[Liveメモ] フランスのアコーディオン奏者リシャール・ガリアーノ・フレンチ・タッチ・トリオ ライヴ

1006vndrd-bn-atgrphcd-rg.jpg

BN-affiche.jpg以前ブルーノートでRICHARD GALLIANOのライヴに来て気に入り、過去のCDを数枚買ったんですが、ライヴの方が断然いいので、不思議に思っていました。
スタジオだとライヴ会場ほど気分がのらないタイプなのか、CDにはアコーディオンの音はおさまりきらないのか、彼の音楽の感情的な部分を感じるには弾いてる姿を見るのが必要なのか。それとも私が記憶の中でライヴを美化していたのか…。
確かめたい気持ちもあって今回もブルーノートで見ることにしました。

結論。やっぱりこの人の音楽を聴くならライヴがいいんだ!と再確認しました。機敏に動き回る右手の指、全身を使って紡ぎ出す豊かな表情。小学校で触ったあのアコーディオンがこんな可能性を秘めた楽器だったとは…と驚いてしまいます。
ギタリスト、ベーシストの演奏も良く、魅力的な演奏に客席も湧いて、最後には会場中スタンディングオベーションにicon-applaudissement 彼の音楽を好きで、(ブルーノートのライヴでは珍しいほど)反応がいい素敵なお客さんたちのおかげで、いっそう楽しめました♪

不意に好みのツボを直撃されたのは、フランス人なら誰でも口ずさめるほどの有名曲”Que reste-t-il de nos amours?”や”Les feuilles mortes”(枯葉)をメドレーにしたアンコールの演奏です✧ 後でまた書きますが、波を模した音や、キーをカタカタたたく音など、遊び心があって新鮮な印象でした。

リシャール・ガリアーノはカンヌ生まれで、ニースの音楽学校に行っていた、と何かで読みました。
私はパリに住んでいた時にこの二つの街に行きました。目的は、ニースとアンティーブで開かれる夏のジャズフェスティヴァルの連日ハシゴ。直前にどうにか空きが見つかったニースの安ホテルに宿泊し、街を風が吹き渡るカンヌの街も歩き回り、陽気な人々や方言にも触れて...と、思い出がある場所です。
ランチを食べ忘れた空きっ腹に白ワインをたんと注いで ほろ酔い状態になった私の辞書に 遠慮の二文字はなく、横にいたマネージャーさんも一緒に、いろいろ話させてもらいました。メモリー半壊だけど、思い出せる話をちょっとメモしときましょ:)

「あなたのライヴをここで見るのは2度目なんです」「今週?」「いえ、ずいぶん前にもいらしてましたよね」「ああ、なるほど?」あなたのご出身のカンヌやニース好きだなどと話し始め...
「演奏、すばらしかったです。アンコールのメドレーも最高でした。アコーディオンで出したFuuu~Fuuu~という波のような音、すごい新鮮で気に入りました。Et la mer efface sur le sable, les pas des amants d?sunis(別れた恋人たちの足跡を潮が消す)っていう”枯葉”の歌詞ともピッタリで」と言ったら、
「あれはみんなに録音すすめられてるんだけど、まだしてないんだよね」と、M. Richard Galliano。
「えぇ、もったいない!本当に素敵なので、ぜひしてくださいよ?」と酔っぱらい(私)。

「どこに住んでるの?」と聞かれたので、「横浜で、今フランス月間なんですよ」「そんなのあるんだ、知らなかったなぁ」「東京から数十分で、港があるいい街ですから、いつかいらしてくださいね」とアピール。

「次の来日予定は?」「来年だよ。クラッシックのホールでやる予定なんだ」「あ?、ここじゃないんですね。チェックしないと。ワインと食事なしなのが残念ですが...」とまたも酔っぱらいicon-redwine

wintonmarsalis-richardgalliano-pt.jpg私が買ったCDは、”The Wynton Marsalis Quintet & Richard Galliano : From Billie Holiday To Edith Piaf [Live in Marciac]”。ライヴ盤の中から選びました。
「このCDはいいよ、気に入ると思うよ」「ええ、ウィントン・マルサリスのトランペットも聴けるし選曲もいいし、聴くのが楽しみです」と話したとおり、楽しいアルバムでした:D タイトルにあるように、エディット・ピアフの代表曲La vie en rose(バラ色の人生)や、ビリー・ホリデーの代表曲Strange Fruit(奇妙な果実)などが織り交ぜられているんですが、どことなく、このジャズフェスが行われたマルシアック(南フランスの町)を思わせるような明るさが漂っています。そこそこ大きなコンサートホールでの演奏に聞こえます。

1006vndrd-bn-avmrglln.jpg撮った後の再生画面を見て「お?、レンブラントっぽいね」というMonsieur Gallianoの感想を聞き、言い得て妙icon-goodだと思いました。まさにそんな感じの光と影です。ビズでお別れし、またひとついい思い出ができました✧


RICHARD GALLIANO FRENCH TOUCH TRIO (Blue Note公式サイトより)...

1.TANGO POUR CLAUDE 2.FOU RIRE 3.LAURITA 4.CHAT PITRE 5.MENUEI 6.BADINERIE 7.ARIA 8.LIBERTANGO 9.LILI 10.LA VALSE A MARGAUX 11.SPLEEN 12.WALTZ FOR NICKY 13.NEW YORK TANGO 14.AUTUMN LEAVES 15.BEBE
Richard Galliano(accordion, accordina) リシャール・ガリアーノ(アコーディオン、アコーディナ)
Jean-Marie Ecay(g) ジャン-マリー・エカイ(ギター)
Jean Philippe Viret(b) ジャン・フィリップ・ヴィレ(ベース)

Catégories: 音楽メモ
Tags:
06/2010 09/08/2017

Message

Comment