フランスは愛の国?

フランスではあらゆる所で声をかけられます。
どうみてもアジア人の私に道を尋ねてくる人が多いのも謎のひとつですが、おかしな人もよくいます。
スペインやイタリアでは男性が女性に声をかけない方が失礼なんだと聞いたことがありますが、少なくともパリではそんな習慣はないはず。
フランスにいる日本人女性ならしかたないようです。
連絡先を教えるのを断ると、自分の連絡先を渡してくるのがフランス流です。

いかにもナンパ中の若者は無視しますが、意外な人に意外な場所で呼び止められると、
つい立ち止まってしまいます。

「意外な人」としてまず挙げられるのが、勤務中の係員や店員。
映画館の案内係や警備員はまだ普通な方。
マンホールからぴょこんと出てきた工事作業員や、
のみの市で店番中の自称・元マサイ族には笑ってしまいました。
そんなの日本では見たことありません xD

それから、道に迷っていてもおかしくない外国人。
道案内くらいするのは人情ってもんよと思いますが :)
そう見せかけてナンパだったりするので厄介です。
ショッピングセンターで道を尋ねてきた日本通の自称Indien
(インド人とアメリカンインディアンどっちだろうと考えてしまった)から、
大きな交差点で呼び止めてきたエジプト人まで多種多様。
交差点ではら道を訊かれる可能性が高いはずなんですが、このエジプト人は
大胆不敵な一夫多妻制ハンターでした。
草食動物的な私とは最悪の相性。パリのど真ん中で、TVで見た肉食獣の映像を思い出したのは、この時が初めてです。

そして、意外なことに一番多いのが、健康食品会社や保険会社のターゲットになりそうな
中~高齢者。
日本では通りすがりのおばちゃま、おじいちゃまたちと話すのが好きだったので、
フランスでも安全な場所で話しかけられれば世間話をしてみることもありました。
でも、何度も試した結果、フランスでは街のお爺さんとの世間話はありえないという結論に ;(
ほっこり話したいだけなのに、彼らは若い恋人を探している場合が多いんです。
フランス人はもう無理だけど東洋人ならいけるかも…と考えているんでしょうか??
日本では人情味あふれるおじいさんにしか会ったことがなかったので最初は驚きましたが、
パターンが分かって好奇心が消えると、面倒になり、
そのうち腹が立つようになってきました。

街のお年寄りとサザエさん気分でほのぼの立ち話なんて、パリ界隈ではできないんでしょうか。
フランスは愛の国というけど、定年や年の差なんて気にしない人たちをいっぱいみると、
ある意味、本当かもなと思います。
今のところ私が会ったナンパお爺さんの最高齢は76歳ですから…。

恐ろしく「若い」高齢者

11/2006 21/08/2017

Message

Comment