フランス語”RとLを混同する日本人”はハ行で変わるかも案

大人になって外国語学習を始める日本人は”R”と”L”の区別が苦手だといいます。
ご飯のつもりで「ライス」と頼んだら、「シラミ(lice)?」と聞き返された、という話はよく使われる例です。どうしても食べたいのに通じなかったら、泣けてきそうですね。
たしかキリンビールだったと思いますが、イギリスの古い広告で、RとLを入れ替えたりする典型的な日本人発音で文を書いた、ブラックユーモアたっぷりなものがありました。

英語の場合、耳が若いうちに習得するか、RとLを脳内の別の場所に分ける訓練をするか、気力で頑張るしか方法がないかもしれませんが、
フランス語の場合は、必要以上に”R”と”L”を混同させない対策はあると思います。

自国語の音が脳の仕組みを作るので、どの国の人にも典型的な訛り・癖はあります。
ロシア・東欧系移民などで、外国語を話す時に”R”を巻き舌発音する人が多いのも一例です。
日本人の場合、発音をきれいにするには、カタカナ的発音をできるだけ忘れるのが最善策です。
が、避けたくてもフリガナというのは、見ると意外に頭に残ったりしますし、日本は町中、カタカナにされた外国語がいっぱいです。
こういうのが潜在意識にドカドカ押し入ってくるのはイヤですが、日本語がカタカナ表記なしに成立しないというのも事実です。
アルファベットとカナを併記すればいいのかもと思いますが、手間がかかります。
もし自分が知らない言語が併記してあったら、 きれいな模様にしか見えなくて、全力でカナに頼りそうですし… カタカナは受け入れるしかないのかもしれません。

せめて語学参考書くらいは、読み仮名をつけずにCDを付けてほしいところですが、
いろいろな出版社からたくさん出ている仏語参考書(特に中級以前の大人用)は、今のところフリガナつきが多いようです。

それなら、カタカナによる刷り込みを逆手にとって、 フランス語のRとLのフリガナを分ければいいんじゃないでしょうか。

フランス語の”R”は、カラカラうがいをする時のようにして喉の奥で作る摩擦音。
スペイン語の”J”(ホセの「ホ」)や、 ドイツ語などの”CH”(バッハの「ハ」)を弱くしたような音ですから、 ハ行になっていたとしても不思議はありません。

一方、”L”は、口内の天井に舌を押しつけて出す音。
こんなに似てもにつかないRとLを混同するなんて、本来は、あり得ないのです。
他国の人が日本人のRL混同を真似しようとすると、厄介な脳トレ状態になります。
にもかかわらず、日本人が「なぜか」器用にRとLを混同するのは、 ローマ字教育やカタカナ表記で「RとL=ラ行」と刷り込まれたのが原因でしょう。
もし基礎段階からRとLを別々に分ける教育がされれば、 将来、日本人は
RL混同癖から開放されるはずです。

都合がいいことにフランス語では”H”が発音されないので、
“F”がたまにフを使ってくるのを除けば、ハヒフヘホはフリーです。
そこにRを割りふらないなんて、使われていないハ行を放置するなんて、もったいない!
ラ行はLに譲って、Rはハ行に移動。
別々のカタカナ行で脳にインプットされれば、RとLは、右と左のようにきれいに区別されるはずです。

ポルトガル語では、Rをカタカナで書くのに、すでにハ行を使っています。
たとえばROBERTOはロベルトとも、ホベルトとも書かれます。

まぁ、今のところ、国名や都市名などの一般に浸透した固有名詞が変更されることはありえませんし、
ボンジュールを「ボンジューフ」、レストランを「ヘストハン」…と書いても通じなくてややこしいので、個人レベルではどうにもできません。
ですが、とりあえず参考書や辞書の中だけでもRのハ行表記が一般化すれば、将来日本人のフランス語学習のハードルがひとつ下がるような気がします。

Articles liés

Message

  1. NyanBarou より:

    Paris を「パリ」と発音して通じるかもしれませんが、どうも下品に聞こえるようであからさまに顔をしかめられるという経験を持ってます(フランス人の語学先生に笑)。

    「パヒ」でしょう♪これからは!

    • mina より:

      NyanBarouさん、また遊びにきてくださって嬉しいです。Paliってどこだっけ!?と一瞬真剣に悩んだのかもしれませんね:D パヒ、フハンスですね♪

  2. NyanBarou より:

    賛成賛成!!!♪♪
    r=は行カタカナ表記説を勝手に持論していたアタシ♪

    • mina より:

      NyanBarouさん、コメントありがとうございます。ハ行説をお持ちの方がいらっしゃったとは、心強い♪ 実施されないかなぁとますます思ってしまいます^^

  3. はるるん より:

    トヘ・ビアン!私も同感です。
    長年フランスに住んでいてもRか,Lの区別はいまだに分かりません。
    よく間違って笑われています。
    特に書く時はホントに困ります。
    耳で聞いた言葉の意味を調べる時に
    辞書を引いて、単語が見つからない時は
    たいてい、RとL違い!
    確かにハ行に聞こえる語が多々あるので
    思い切って表記をかえて、カタカナに
    置き換える方がいいかも・・・!

    • mina より:

      はるるんさん、こんばんは♪

      本当ですよね。カタカナ仏語を辞書で調べても出てこない時なんて、
      「ヘボン式ローマ字め!」と、八つ当たりしたくなります。

      私は英語の時に、カタカナ読みを使うと初めは楽だけど後が怖いと思って、
      フランス語はアルファベットで覚えるように気をつけたつもりでしたが、
      それでも間違います。脳って不思議で困ります(>_<) 未来の日本人のために、「R=ラ行」カタカナ表記をやめるか、 いっそカタカナ表記を禁止してしまえばいいのになぁと思ったりもします。 RとLとか、BとVを間違えると、妙な意味の単語になるものもあって、 話の種としてはおもしろいんですけどね(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*