日光浴大好き、そばかすや日焼け肌は可愛いもの@フランス

パリに住んでいる時、日本のもので一番恋しくなるのは、温泉と太陽です。冬の間は特に天気が悪くて寒くて。
滅多に出ない太陽が顔をのぞかせているのに気づいたら、日光浴 BAIN DE SOLEIL のチャンスだ!とあわててお出かけします。

パリの公園で

太陽が出たら公園に行く癖がついているパリ住民は多いようで、公園でくつろいでいると、どんどん人がやってきて太陽を浴び始めます。
春先でまだ肌寒いのに、ブラの肩ひも丸出しのキャミソール姿で肌を日にさらすパリジェンヌも。
ウールのノースリーブって、持っててもあまり着なかったけど、寒い中で太陽を浴びたいこんな時にはぴったりです。

太陽が恋しくてしょうがないので、ひたすら日光浴。美白のために太陽を避ける余裕はありません。日本のデパートの化粧品の店員さんにそんなこと言ったら、たっぷりUVコスメをすすめられそうですが:D

日本ではシミ・ソバカスを防いだり消したりする化粧品が山のようにありますが、フランス人マダムと化粧品売場へ行った時、美白化粧品のことを話したら、店員さんもマダムも驚いて、
そばかすを消すなんてもったいない!フランスではわざわざペンで描く人もいるくらいなのに。 日本人はなんで消しちゃうの?」と聞かれました。

フランスでは「避暑地で白いとカッコ悪い 」といって、ヴァカンス前に公園で日焼けしておくのはお決まりのパターンですが、そばかすも可愛いと考えられています。
北欧よりさらに日照量が少ないスウェーデン人も、「北欧では、ソバカスはヴァカンスで太陽を浴びに行ってる(ある程度お金持ちな)証拠で、魅力的だといわれてる」と言っていました。
そばかすが多い人は、人生を楽しんでいそう、活動的で明るそう、楽しそう、という印象を受けるそうです。

ヨーロッパと日本で太陽光やソバカスに対するイメージがこうも違うのは、日照量の差のせいだと思います。お金をかけたり努力しない限り手に入らないものが貴重とされるという… ないものねだりかもしれません。
私も、冬の日照量が少ない地域に住んで初めて、日光浴の気持ちよさと、冬でも太陽を浴びられることの贅沢さを痛感しました。和食は食べなくても大丈夫ですが、日光には飢えて、なくなって初めて大切さに気づきました。

ヨーロッパでは、日照時間が急減する冬に鬱病(季節性うつ)を発症する人が多く、特殊なライトで強い光を毎日浴びる治療法もあるそうです。太陽は、脳にとっても大事なんですね。
フランスで一般的な冬ブルー(冬うつ)対策

最近では皮膚ガンの危険性を訴えるキャンペーンが真剣に行なわれていて、強い日差しに当たる時はUVクリーム(日焼け止め)を塗ることが勧められていますが、フランスや北欧などの人が日光自体を避けるようになることはおそらく当分ないでしょう。

隣国スペイン人の好み・平均体型は日本人よりだいぶ太め(←「グラマー」「たくましい」と言われている)ですが、フランス人のも、日本よりは少し太めで、食べる量も平均的に少し多めです。
そばかすにしても、体型や食事量にしても、我慢や無理をしないで好きな物を存分に楽しめるように、ちょうどいいあたりに調節されてるなぁと思います。ガマン嫌いというか、自然体というか。
BON VIVANT(ボン・ヴィヴァン―人生を楽しむ人)や、面倒くさがりやさんには最高かもしれません。

17/03/2018 15/02/2007

Message

Comment