フランス語の作品・情報メモ、散歩・生活メモブログ+仏語学習

お気に入りフランス語辞書他iOSアプリ14個

iOSフランス語アプリおすすめ 辞書 辞典 メモ

紙の辞書は、書き込みができるのが長所ですが、重くて持ち歩けないのが弱点。私はiPhone3GSからずっと、iPhoneアプリを使い続けています。何冊もの辞書を常に持ち歩けて、気になった時すぐ調べられるって、最高です。電子辞書や紙辞書に戻る気が起きません。

仏語を勉強中の方におすすめを聞かれることがあるので、ずっと愛用しているiOSアプリを中心にまとめてみました。iPod Touch、iPad、新旧各世代のiPhoneにインストールして、問題なく快適に使えています。

仏和・和仏辞典

定番の日本語-フランス語の辞書アプリ。4つとも物書堂からリリースされています。
私が持っているiOSアプリの中で最高額ですが、収録語句が多めで、長く使えて満足しています。

あると楽♪ バランスがいいプチ・ロワイヤル仏和+和仏

Petit Royal プチ・ロワイヤル仏和・和仏辞典

app store¥5800

(日本人がフランス語を)読む・聞くだけなら仏和や仏仏でもいいですが、会話やライティングもするなら和仏があった方が絶対に楽なので、
フランス語学習用に初めに一冊買うなら、最新版のプチ・ロワイヤル仏和(第4版)+和仏(第3版)が入ったこのアプリがおすすめです。
再生ボタンを押すと、さっと音声が聞けます。

公式サイトによると、収録語数は仏和4万3千語・和仏4万6千語だそうです。
レアな単語や定義は載っていませんので、もの足りない時もありますが、日常生活レベルでは十分です。
使い心地については、後述します。

App Storeでみる

Petit Royal 仏和+和仏 プチ・ロワイヤル仏和辞典(第3版)・和仏辞典(第2版)

app store¥5800

このグレーの仏和+和仏は、緑の仏和+和仏(2011年リリース)よりも辞書の内容が一つ前の版(2008年リリース)。たまにアップデートされて、最新iOSでも問題なく動き続けています。

Petit Royal 仏和 プチ・ロワイヤル仏和辞典(第3版)

app store¥2900

ピンクは和仏なしの仏和辞典。
一つ前の版ですが、和仏だけ欲しい人にはいいと思います。仏和辞典はフランス製仏仏辞典(種類豊富で安い)で代用可能だから和仏だけばら売りしてくれるのは学生にはいいと思いますが、最新版はバラ売りしなくなったようです。

仏日翻訳に便利♪ 単語数が多いロベール仏和大辞典

Robert 小学館 ロベール 仏和大辞典

app store¥5800

フランス語を「読む・聞く」がメインの人に便利な辞書。大辞典というだけあって収録単語数は12万語と多いです。参考まで、クラウン仏和辞典アプリ(現在¥2900)は4万7千語です。
仏単語を検索すると、他辞書にはないマイナー単語も出てくることが多いですが、日本語をフランス語に訳すなら、上のプチロワイヤル仏和&和仏(緑、グレー)の方が便利です。

このアプリで日本語を検索した場合、「見出」タブでは結果が表示されません。プチロワがインストールされていれば、プチロワへのリンクが表示されます。タップでプチロワが立ち上がって、検索結果が表示されます。

「用例」や「成句」タブではヒットすることがありますが、出方がまちまちで、しくみがよくわかりません。
たとえば「木漏れ日」を前方検索する場合、「木漏れ」だけ入力すると、「見出」と「成句」は0件で、「用例」では文例が出ますが、「木漏れ日」まで入れると、(あるはずなのに)「用例」も件数ゼロになったりします(画像Aの中&右)。

ロベールは仏和辞典なので、今のところ、和仏検索機能はおまけと考えた方がよさそうです。

petitroyal
画像A:ロベール仏和

App Storeでみる

上記アプリ(プチロワイヤル、ロベール)の使いやすい点と、欲しい機能

画像B

上記アプリ(プチロワ、ロベール)のUI・デザインはほとんど同じで、上の画像Aのように、入力した文字列について「見出」「成句」「用例」を調べられるしくみです。
前方一致、後方一致、完全一致をタップで切り替えられます。
色設定でカラーを変えられるので、別々の色に設定しておけば、どのアプリを開いているかわからなくなることはありません。
オフライン使用できるし、動きも遅くないです。
起動時に、前回開いた単語のページを出すか、空白ページを出すか選択できるあたりも、地味ながら便利。細やかな気配りを感じます。

メジャーな単語には音声再生機能があり、動詞活用も数字をタップすれば見られます(画像B)。

ページ下部(iPadでは上部)には、調べた語句の履歴、ブックマーク、付録(動詞活用表、重要語)、設定のタブがあります。

単語ページ内の語句を選択&長押しすると、ブックマーク登録したり、その語句のページにジャンプ(単語から単語へハシゴ)したりできます。
ブックマークには、見出しだけでなく、用例(熟語や文)の登録もできます。

昔使っていたパソコン版のフランス語辞書と比べて足りない点は、メモ追加機能がないことです。辞書に載っていない項目を手動で加えたり、既存の単語のページにメモできる機能があると、紙辞書並に便利なマイ辞書になるので、アプリ版にもぜひつけて欲しいところです。

プチロワイヤル

ロベール仏和大辞典

仏英辞典他

英仏両方の単語・例文音声付き Larousseの英仏・仏英辞書

Dictionnaire Anglais / français – Larousse

app store¥600

Larousseの外国語辞書シリーズの英仏・仏英(英語・フランス語)辞典です。
このシリーズの特徴は、単語だけでなく、フレーズの音声も2ヶ国語で再生できるところ。普通、辞書アプリの音声再生は単語だけですが、このシリーズは文も聞けます。 英語が得意な人がフランス語を学ぶなら、仏和辞書よりもむしろこちらの方がしっくりくるかもしれません。
英語(イギリス英語)とフランス語を両方勉強している人
にもおすすめです。
ボタンを押してから再生されるまで少しタイムラグがありますが、許せる程度です。
タブで検索、お気に入り、検索履歴が切り替えられます。
オフライン使用できます。
ジャンプ機能もつきました♪

App Storeでみる

仏西辞典

2ヶ国語の単語・例文音声付Larousseスペイン語他外国語

Dictionnaire Espagnol-français Larousse

app store¥720

Larousseの外国語辞書シリーズの、西仏、仏西(スペイン語・フランス語)辞典です。作り・機能は上述のLarousse英仏辞書と同じですので、
同じく、単語・例文の音声を、2ヶ国語で再生できます。
フランス語とスペイン語は、同じロマンス語だけあって共通点も多いですし、逆に、違いを知ると面白くて印象に残りますから、
スペイン語を学習済みの人がフランス語を学ぶ場合や、その逆の場合、和仏や仏和辞典よりこちらの方がいい気がします。

App Storeでみる

他の言語もあります。

仏仏辞典

L’Internauteの無料辞典

Dictionnaire L’Internaute

app store無料

internaute-dico

いろいろなサービスを提供しているL’Internauteの、個性的なフランス語辞典。無料です。
インターネット接続必須で、オフライン使用はできません。

動画や引用文が多く、辞典にしては珍しく、毎日中身が変わります。語句の検索もできますが、レアな単語はあまり載っていません。「本日のおすすめ」で楽しむことがメインのアプリだと思います。

インターフェースは他の辞書と異なり独特で、
メール送信・他のアプリで開く・シェアなどのiOS標準機能が使えますが、お気に入り登録や履歴の機能・ボタンは今のところありません
その代わり、日替わりの同義語、動詞活用、表現、引用、今日は何の日ページを切り替えるボタンが並んでいます。

「今日の動詞活用」なんて、ちょっとマニアックで、フランスのクイズマニアが好きそうですが、外国語として毎日勉強する習慣をつけたい人にもよさそうですね。

App Storeでみる

老舗Larousseのフランス語辞書

Dictionnaire de français – Larousse

app store¥720

辞書の老舗ラルースの仏仏辞典。

  • 単語・略語数:9万個
  • 定義数:13万5千個
  • synonymes(同義語)& homonymes(同形異義語):14万個
  • 動詞活用形:全ての動詞
  • 引用:9000個
  • オフライン使用:可
  • 音声再生機能:あり

文芸作品からの引用文が多く掲載されています。
発音の音声再生、メール送信もできます。

上述の日本製辞書と同じ感じで、検索、お気に入り、検索履歴が画面下のタブで切り替えられる、標準的なUI。

便利な点は、お気に入り単語がアルファベット順に自動で整理されること。単語をお気に入りに追加していくだけで、簡単に単語帳のできあがり!です

「最近お気に入りに入れた単語、なんだったっけ?」と思って、時系列で見たい時は、検索履歴の方を見ます。
履歴がずらっと並ぶ中、お気に入りに入っている単語にはちゃんと☆星マークがついていますので、簡単に見つかります。

単語によりますが、同義語、同音語、表現(熟語)、引用文などがある場合は、画面右上の赤いリボンをクリックすると、ドロップダウンメニューが出てきます。

画像なしで収録語数が多く、Larousseの中では一番シンプルというかストイックな、フランス語に特化した辞書ですので、
図があって賑やかな方が好きな方は、後述のLe Petit Larousseなどの方が合っているかもしれません。

larousse-fr

Larousseシリーズの最大の短所は、ジャンプ機能がないことです。
検索して単語ページに行き、そこに書かれている単語を調べたい時、前述の和仏・仏和や、Robertシリーズでは、タップでハシゴできるのですが、Larousseシリーズは、自分でコピーして検索窓にペーストしなくてはなりません。

*…とぼやいていましたが、更新しているうちにいつの間にかジャンプ機能がついていました!やったー!(2017)

また、定義に番号を振って、階層をつけて整理されていない点も、好みが分かれるところかもしれません。左画像(単語Aimerのページ)を見ると分かりますが、定義の頭が数字でなく「・」で、親子関係もなく平等に並べられています。私は気になりませんが。
(そういえば料理レシピの手順でも、日本はたいてい数字をつけますが、フランスの場合、数字がないこともありますね。)
整理されている方がお好みなら、Robert系の方が合っていると思います。

音声再生ボタンを押してから音が出るまでの時間が若干長い気がしますが、許容範囲です。

App Storeでみる

Larousseの画像入り辞典

Dictionnaire illustré Larousse

app store¥960

*2017現在、日本ストアでの取り扱いがなくなっています。

ラルースの画像入りフランス語&百科事典。国語辞書とWikipediaを足したようなものです。
フランス語辞書の収録語数などは、先ほどの仏語に特化したLarousse Dictionnaire de françaisと同じ。それで百科事典つきとなると、一見こちらの方がいいようにも感じますね。ただ、フランス語の辞書としては、Dictionnaire de françaisの方が、シンプルで快適です。餅は餅屋ということで、フランス語はアプリ、百科事典はフランス版Wikipediaやネット、と分けるのもいい考えですね。

図入り辞典(Dictionnaire illustré)という名前から、(子供向け図鑑のような)基本的な単語をイラスト付きでやさしく説明している辞書を想像して買うと、がっかりする可能性大です。Le Petit Larousseと同じく、子供や外国人学習者向けではなく、フランス語圏の大人向けなので、図説は必要なところにしかありません。

  • 単語数:9万個
  • 定義数:13万5千個
  • synonymes(同義語), homonymes(同形異義語)& contraires(反義語):14万個
  • 動詞活用形:全ての動詞
  • 固有名詞:8500個
  • バイオグラフィ:500個
  • 画像(写真、イラスト、地図など):2000個以上
  • オフライン使用:可

外国人にもいい、必須単語満載な8-12歳向け画像入り辞典

Dictionnaire Junior Larousse Dictionnaire Junior Larousse

app store ¥720

8-12歳の子供向けの辞書。
フランスの小学生レベルの必須単語が集められていて、説明が子供向けで分かりやすい・・・ということは、フランス語圏での日常生活で問題なく会話できるようになりたい外国人にも向いています。語彙数が普通の辞書の半分以下なので、大きな単語帳として使い込むこともできそうです。
古い文学作品や技術書に出てくるようなマイナー単語はないので、大学の仏文学の授業や翻訳には足りないでしょう。
普通名詞(2万)、固有名詞(1800)、単語の歴史、よく使う動詞活用の表だけでなく、画像(3800個)、3D地図などが入っていて、百科辞典的に楽しめる項目も。クリックで他の語に飛べるジャンプ機能もついています。

App Storeでみる

クロスワード用ヘルプ機能付ポピュラーな辞書 Petit Larousse

Le Petit Larousse 2017

app store¥720

こちらのル・プティ・ラルースと、後述のLe Petit Robert ル・プティ・ロベールは、フランスで最も普及している辞書だそうで、毎年春に新版が出て、追加された新しい語がニュースで扱われたりします。
私はこのアプリは使っていませんが、メジャーなのでご紹介しておきます。

Larousseが、「固有名詞や画像が欲しければLe Petit Larousseをどうぞ」とすすめているとおり、画像が多くて親しみやすい一般向け辞書です。
後述のLe Robert Mobileと同じく、単語ゲームと、クロスワードパズルのサポート機能が付いています。
二つとも、新聞でわからない単語を見つけた時や、クロスワードパズルで悩んだ時などにフランス語圏の人が普段使う手軽なアプリという感じです。

クロスワードやゲームはいらない、単語数が多い方がいいという人は、先ほどのLarousseの仏語辞書 Dictionnaire de françaisや、後述のRobertシリーズの方がいい気がします。

  • 単語数:6万3千個
  • 固有名詞:2万8千個
  • 画像(写真、イラスト、地図など):2000個以上
  • 音声再生機能:あり

App Storeでみる

クロスワードお助け機能付のLe Robert Mobile

Dictionnaire Le Robert Mobile : 4 en 1

app store¥1080

  • 定義数:25万個(うち3万5千個は固有名詞)
  • synonymes(同義語)& contraires(反義語):300万個
  • 動詞活用形:1万個

このアプリは、私が持っているLe Robert Dictionnaire DIXEL Mobile の後継アプリで、中身は大体同じ。ジャンプ機能もついています。
掲載されている定義の数を見ると、レア単語が多く載っていそうですが、使っている感じでは、Dictionnaire de français – Larousseの方が細かい単語まで出てくる確率が高い気がしています(固有名詞以外)。

先ほどのLe Petit Larousseと同じく、単語ゲーム、クロスワードパズルのサポート機能が付いています。

このアプリで面白いのは、検索結果と単語のProfilタブで見られる、単語のポピュラー度(使用度)メーターで、この単語はレアなんだな、などと確認できることです。

お気に入り単語を、「覚えるべき」と「お宝」に分ける仕組みも独特です。不思議なのは、それらにワンタップでアクセスできないこと。
まず画面右上の時計アイコンをタップして「履歴」画面を開き、その画面の右下のチェックマークアイコン(覚えるべき)、ダイヤモンドのアイコン(お宝)をタップする必要があります。
検索窓を少し短くしてでも画面右上にチェックとダイヤのアイコンを足せばいいのに。そのうちアップデートで変わればいいなと思います。

このアプリのページでは、より詳細な仏語辞書として、後述のLe Petit Robertを勧めています。

App Storeでみる

ポピュラーなフランス語辞書Le Petit Robert

Le Petit Robert

app store¥4800

先ほどのLe Petit Larousseとライバル視される、メジャーな辞書Le Petit Robertのアプリ。

Le Petit Larousseは画像がたくさん使われているのが特徴で、こちらのLe Petit Robertは、意味や同義語や作家の引用が多いのが特徴と言われています。
定義が数字できっちり分類整理されているし、本気の読解や翻訳には向いています。
他の仏仏辞典に比べて値段が高い、詳しすぎる辞書は見づらいという人は、他のものがいいですね。

30万個は飛び抜けて多いなと思ったら、単語数ではなく、単語と意味の数、となっています。辞書の語数表記って、統一されていないんですね。

  • 単語と意味の数:30万個
  • synonymes(同義語)& contraires(反義語):15万個
  • 引用:3万5千個
  • オフライン使用:可

App Storeでみる

動詞活用

フランス人にとってのコンジュゲゾン(動詞活用)は、日本人にとっての漢字のようなもの。子供の頃に勉強してもカンペキにできるわけじゃなく、クイズ番組で出題されたりするあたりも似ています。

Nouvel Obsの無料仏語動詞活用アプリ

La conjugaison par Le Nouvel Observateur – conjugueur gratuit de verbes français

app store無料

フランス人が子供の頃学校で使うものといえば、ハードカバーの赤表紙でおなじみBescherelleのイメージですが、私の周りのフランス人は、雑誌Le Nouvel Observateur(L’Obs)が出しているこの無料アプリを使っている人も多いです。これで十分です。

App Storeでみる

フランスの定番!動詞活用といえばBescherelle

Bescherelle Conjugaison

app store¥480

紙バージョンのBescherelleは、フランスの学校の定番中の定番。子供の頃から使い始めたものをそのまま大人になっても使い続けているフランス人はたくさんいます。先ほどのL’Obsが無料だから有料アプリは高く感じますが、本と考えれば安いですね。

App Storeでみる

amazonBescherelle: La Conjugaison Pour Tous
しっかりしたハードカバー。これをラケット代わりにして、パリの公園で下手同士卓球したことも:D アマゾン日本でも普通に買えるんですね。

音声認識 + 画像・手書き文字読み取り翻訳

色々使った結果、Google翻訳

Google翻訳

app store無料

かつては他の翻訳アプリ(iBabylon、Voix Active、PhotoTraduire、Voice Translatorなど)を色々試していましたが、このグーグル翻訳アプリがどんどん進化して、今ではもうこれ一つでいいというくらい。言語数も豊富になってきています。これでフリーとはさすが。

機械翻訳はまだ発展途上で、1単語に対する定義の数は到底辞書にかないませんし、例文も解説もありませんし、意味不明な時もありますが、意味をざっくり知るレベルなら、かなり使えます。

オフライン使用ができないので、旅先などでネットが使えないとダメなのが難点ですが、私が持っている他の翻訳アプリも、ネットがないと使えないのは同じです。オフライン辞書アプリも持っておくと安心です。

ソース言語とターゲット言語を選択し、写真入力、音声入力、手書き/キーボード入力モードのどれかを選択すると、翻訳されます。

音声入力は、マイクで話したら一瞬で翻訳され、音声で読み上げられます。速い。

画像の中の文字を認識して翻訳してくれる写真入力モードも、看板などをサッとカメラで撮って意味が分かるので、言葉が分からない国に行く時などに心強いですね。

手書き入力もすばらしく、クセ字も完璧なほど読んでくれるし、はみ出しそうになって端っこに詰まってしまっても、きちんと意図を読みとってくれるのには驚きました。ストレスなくどんどん書けますので、コピペツールと組み合わせて、手書きメモのテキスト化にも使えます。

今まで手書き文字をテキスト変換するのに使っていた 7 Notes は、クセ字やフランス語のアクサンを読んでくれないのが難点でしたが、このGoogle翻訳アプリや、次に紹介するMy Script Memo(現在入手不可)は、かなり優秀です。

App Storeでみる

フランス語手書き認識・テキスト化用メモ帳

くせ字もアクサンも変換して保存・送信できるメモ

MyScript Memo

app store無料

*2018年春、iPad Pro & Apple Pencil専用の有料アプリMyScript Nebo(¥720)に移行したようで、こちらは入手不可になりました。

正しく変換されるか確認しながら書く場合は、Google翻訳アプリでもいいですが、ノート感覚で一気にたくさん書いて保存したい場合は、マイスクリプトメモの方が楽です。

iPhone3GS時代から、たくさんのメモアプリを使ってきましたが、これは手書き文字をしっかりテキスト変換してくれてお気に入りです♪
スクリーンショットはiPhoneのものですが、iPadだと紙のノートに近い感覚です。
背景は、フランスでよくある(Clairefontaineとかの)ノート風の柄や無地など、数種類から選べます。

手書きでメモした後、エクスポート方法を3つの中から選びます。

1. テキストとしてエクスポート :
汚い字でも高精度で読み取って、キーボードで打ったようにテキスト化してくれます。
それを、クリップボードにコピー、メールで送信、iTunesに保存、SMS送信、他サービス(Dropbox/Evernote/Facebook/Twitter)にエクスポート・シェア、することができます。

2. 画像としてエクスポート :
手書きノートを、背景とともにそのまま画像にします。
コピー、メール送信、iTunesに保存、カメラロールに保存、1.と同じサービスに送る、の中から選べます。

3. このアプリの形式でエクスポート :
次回またこのアプリで編集する場合などは、これでバックアップしておきます。保存方法は、メール送信、iTunes、Dropbox、Evernoteから選べます。

App Storeでみる

おわりに

辞書は収録語数などの数え方が出版社によってバラバラなので、数字では比較しにくいですね。価格は、日本語付きより、フランス語のみの方が安いですが。

最初は和仏・仏和で日本語で勉強して、何年かしたら仏仏辞典に変えるというのは、大学の頃いろいろな先生に勧められた外国語辞書の王道の使い方です。

何冊か持っていれば比較できるのでベストですが、もし2個だけ選ぶとしたら、
初期はプチロワイヤル和仏&仏和
それ以降は、
・深堀りするならLe Petit Robert
そうでなければ、
・定義が階層分けされて整理されている点を取るなら、 Dictionnaire Le Robert Mobile
・お気に入り単語のABC並べ替え機能を取るなら、Larousseの3択。画像や百科事典はネットで代用可ですから、こういうストイックな辞書専門アプリの方がいいかなと思います。

価格や仕様などが変更になる可能性がありますので、iTunesストアでご確認ください♪

Voir aussi… 一緒に読まれている記事

フランス生活・旅行に便利な乗り換え案内・シティガイド・口コミガイド系アプリ

28/10/2015 09/05/2018

Message

Comment