フランスパリ&周辺の電車バス乗り放題のパス NAVIGO ナヴィゴ

フランス パリ 電車

ナヴィゴは、パリと郊外のゾーン内のメトロ、RER、バスが低料金で乗り放題の便利な定期券。
パリのレンタサイクルVELIB’の定期券にもなり、パリ旅行・居住に欠かせません。
正確には、イルドフランス(パリ地方)で働く人&居住者用のLa carte Navigo(ナヴィゴ)と、
旅行者・短期滞在中の人など、誰でも使えるLa carte Navigo découverte(ナヴィゴ・デクヴェルト)の2種類があります。

navigo

ナヴィゴ・デクヴェルトは、
SNCFの窓口で5ユーロ払えば即発行され、同時にチャージもできる定期券です。
RATPでも駅によっては取り扱いがあります。
個人情報が登録されないカードなので、紛失したら買いなおすことになりますが、
日本のSuica、Pasmo、Icocaと同じで、一度買えばずっと使えます。
チャージは、窓口でもマシーンでも簡単にできます。
私は月末に翌月分をチャージしておきます。

navigoケース

説明書には3cm×2,5cmの適当な写真を貼って名前を記入したカードと
ICカードの2枚セットで使えと書いてありますが、写真つきカードの出番は
長距離電車で検札係に見せる時や、何かエラーが出た時くらいで、
普段はパスケースに入れたまま改札機にタッチすることがほとんどです。
購入時のセットにはプラスティックケースもついています。

Navigo、Navigo découverteのチャージは、
1ヶ月分(Forfait Navigo Mois 毎月1日から月末まで有効)
1週間分(Forfait Navigo semaine)の2種類です。
期間を選んだら、Zone(地理的な範囲)を選びます。
Paris(20区内)なら一番安いZone 1-2でOKです。
オルリー空港やヴェルサイユはZone 4、CDGロワシー空港はZone 5です。

ゾーン外に行く時は別途切符が必要ですが、今のところ精算というシステムはないようなので
手持ちの定期券の範囲外に行く時は、大抵、出発地から目的地まで買うことになります。
たとえば「Zone 1-3」の定期を持っている人が、ゾーン1からゾーン5へ行く場合、
Zone 4から5までの切符だけ追加で買えばよさそうなものですが、
そうした場合は、ゾーン境目の駅で、切符刻印のために途中下車しなくてはならない
と駅係員さんが言っていました。
刻印だけのために降りて、次の電車をホームで30分~1時間待つなんて…
途中下車の旅じゃない限り、使えない方法ですxD
だから結局、ゾーン1からゾーン5の切符を買うのが現実的というわけです。
そのうち改善されるとは思いますが…。

フランスは切符なしで外に出られる駅が結構多いこともあり、ちょっと遠くに行く電車では、車掌さんが検札しに来ます。
刻印した有効な切符を持っていないと罰金になります。

追記:TGVでは、検札が過去のものとなっていきそうです。
TGVフランス高速鉄道 2017開始のInOuiとは?

puce

NavigoにはCarte à puce (ICチップ付カード)がついています。
フランスはICカード先進国で、銀行カードにもテレフォンカードにも、ずいぶん前からICチップが付けられています。
Navigoの前身はCarte Orange カルト・オランジュ。
タッチ式ではなく、改札機に通して使う普通の切符と似たような磁気式チケットと、
自分の写真を貼った紙製のカードをセットで携帯して使うという簡素な定期です。
2006年からナヴィゴへの移行が始まり、カルト・オランジュは2009年2月に廃止になりました。

バス・電車共通の乗り放題パス(しかも低料金)は本当に便利です。
日本にも普及してほしいサービスです。
Navigo 公式サイト

Voir aussi… こちらもおすすめ

フランス他海外旅行にも国内旅行にも日常生活にも役立つ 便利な街ガイド・レストラン口コミ・オフライン地図アプリ

レンタル自転車Vélib’でパリを走る*使い方,料金,アプリ

愛用しているおすすめフランス語辞書・百科事典・手書きテキスト化メモアプリ

16/04/2018 04/08/2011

Message

Comment